財産分与

みんなはいつ使う?学資保険を使う時

学資保険は、子どもの教育資金準備のためのものです。
保険会社によっても、給付金の受け取るタイミングは変わりますが、その受け取るタイミングがいつになるのかは非常に重要となってきます。
では、どのように給付してもらうのが良いのでしょうか。

一般的なのは、大学入学時に給付金を受け取るということです。
大学入学時というのは、入学金や学費など、まとまった金額が必要となります。
中には、下宿をしたり遠方の大学に行ったりすることになり、そのための資金が必要になることもあるでしょう。
そんなときに学資保険の給付金を受け取ることができると、とても助かりますね。

最近では、複数回に分けて節目のタイミングに給付金を受け取ることができるプランも人気です。
幼稚園入園時、小学校入学時など、節目のタイミングというのは、新しい学用品などが必要となり、お金がかかります。
そうした物入りの時期に合わせて受け取ることができる学資保険もあります。

保険会社の中には、複数回に分けて受け取ることができるプランで、受け取ることができる金額を据え置きにして、好きなタイミングで受け取れるようにできるという商品も存在します。
たとえば、幼稚園入園時と小学校入学時に、それぞれ5万円受け取ることができる予定であったとして、それを受け取らずに据え置きにして、中学校入学時に中学校入学時の給付金と一緒に合わせて受け取ることができるのです。
もちろんずっと受け取らずに、学資保険満期まで据え置きをし続けるということも可能です。
ずっと公立の予定だったけれど私立に進路変更したというときや、急な留学など、子どもの変わりやすい進路変更にも柔軟に対応することができるので人気なのです。

このように、保険会社によって給付金を受け取ることができるタイミングは様々です。
どのタイミングにお金が必要になるのか、どのような進路を考えているのか、ということをよく考慮した上で、給付金の受け取りタイミングを決めるようにしましょう。